ホーム » 扶育を希望する方

扶育を希望する方

令和2年度分の扶育願書配付

令和2年度(2020年度)分の扶育願書ならびに要項を、6月25日より配付しています。

 

扶育願書提出先

・保護者が現在居住する各都道府県の教務支庁

・教会本部および信者詰所の勤務者子弟子女は、一れつ会事務所

対象校(予定)

・天理小学校

・天理中学校

・天理高等学校(第一部・第二部)

・天理教校学園高等学校

・全国各地の高等学校(専修学校、各種学校及び通信制高等学校は含みません)
※教会本部及び信者詰所の勤務者子弟は、原則として全国各地の高等学校への扶育出願はできません。

・全国各地の高等専門学校(5年制)

・天理大学及び大学院

・全国各地の大学(天理医療大学を含む)及び大学院
※通信制大学、短期大学及び専門学校は含みません。

出願資格

出願はどなたでも可能です。ただし、扶育願書等に「直属教会長」の署名が必要ですので、教会に所属している必要があります。

扶育費

学校によって、また各人によって一律ではありません。詳しくは、各学校に関する志願要項を参照ください。
※大学及び大学院扶育生には、扶育費返還規程が適用されます。

選考基準

・選考委員が願書の情報をもとに、本会の扶育趣旨に照らして総合的に判断します。ご両親の布教活動状況が選考基準の判断要素として大きな比重を持っています(→高等学校までの扶育選考基準)。
・大学及び大学院扶育選考は、上記高等学校扶育の基準に併せて、本人の資質(成績等)が考慮されます。