ホーム » 扶育生の皆さんへ » 大学・大学院扶育生

大学・大学院扶育生

天理大学・大学院扶育生の皆さんへ

扶育生決定懇談会・・・各校入学式後に行われる「扶育生決定懇談会」に出席してください(提出書類:扶育生誓約書、入学報告書)。懇談会終了後、扶育費関連の手続きがあります。

創立記念式・・・毎年10月18日が創立記念日です。記念式は18日に近い日曜日の朝、行われますので、必ず出席してください。

扶育費・・・毎年度2回に分けて、各自の口座へ振り込みをいたします。入金を確認したら、必ず領収証(一れつ会専用用紙)を提出してください。

扶育生面談・・・随時一れつ会事務所にて係員と面談をします。連絡がありましたら、必ず指定された日時に来会してください。

履修してください!・・・「伝道実習1~4」は必ず卒業までにすべて履修してください。なお、【伝道課程】もようぼくとして必要な事柄を身につけるよう設けられたコースです。努めて履修するよう心がけてください。

単位取得について・・・大切な扶育費を頂いて勉強するわけですから、単位取得状況を厳しくチェックしていき、取得状況が芳しくない場合は、「扶育辞退」「1年間扶育停止」などの指導を受けることになります。

年度が改まる時の手続き・・・とくに必要ありません。

天理大学扶育生は、「学生生徒修養会大学の部(3/3~9)」に参加してください。

卒業年度の手続き・・・「卒業後の進路報告」(要員は不要)・・・6月頃報告書用紙が保護者宛に送付されますので、卒業後の進路を記入して各教会の「担当者」へ提出してください。卒業目前になったら「卒業報告書」用紙を配布しますので、必要事項を記入して大学の扶育委員・掛の先生に提出してください。

「扶育費返還制度説明会」を2回(1月下旬~2月中旬)開催しますので、卒業予定の天理大学扶育生は必ずいずれかの日に出席して、よく説明を聞き、手続きを進めるようにしてください。

卒業扶育生の集い・・・毎年2月21日 午後3時45分本部第二食堂にて理事長挨拶のあと、揃って本部神殿へ赴き御礼の参拝をします。

——————————————————————–

 

全国各地の大学・大学院扶育生の皆さん

扶育決定懇談会・・・一れつ会から決定に関する書類等を送り、懇談会開催に代えます。

入学時の手続き・・・扶育生誓約書、入学報告書(以上本会の所定用紙)、在学証明書、単位履修届、他扶育費の受取に関係した書類などを一れつ会へ提出してもらいます。

扶育費・・・毎年度2回に分けて、銀行振り込みにて送金します。その時期になったら一れつ会から領収証用紙を送りますので、銀行で振り込みを確認して「領収証」に必要事項を記入し、押印の上、一れつ会まで送付してください。その際、現況報告の手紙も添えてお願いします。なお、領収証が提出されませんと、次回の送金はできません。

学生生徒修養会・・・扶育決定年度に行われる「学生生徒修養会大学の部(3/3~9)」に必ず参加してください。

進級時の手続き・・・新年度を迎えたら「在学証明書」、前年度の「単位履修証明書」を提出してください。

単位取得について・・・大切な扶育費を頂いて勉強するわけですから、単位取得状況を厳しくチェックしていき、取得状況が芳しくない場合は、「1年間扶育停止」「扶育辞退」などの指導を受けることになります。

卒業年度の手続き・・・「卒業後の進路報告」(要員は不要)・・・6月頃報告書用紙が保護者宛に送付されますので、卒業後の進路を記入して各直属教会の「扶育生育成担当者」へ提出してください。卒業目前になったら「卒業報告書」用紙を配布しますので、必要事項に記入して、「卒業証明書(各学校が発行)」といっしょに一れつ会へ提出してください。

全国各地の大学(大学院)扶育生には、「扶育費返還」についてのしおりを卒業目前の2月頃送付いたします。よく読んで手続きを進めるようにしてください。