事業計画

Ⅰ、育成事業

[1]天理教教内子弟に対する学資給与事業

天理教教内子弟で学資不充分の者に対 し、それぞれの実情に即して学資を給与し、国内各地並びに海外各国の諸学校に就学させ、その育成にあたる(その学生生徒を扶育生とよぶ)。

平成29年度 新扶育生予定数と一人あたり扶育費用           (年額)
就 学 学 校 新扶育生予定数 29年度扶育生数 学資補助額(年額)
 天理小学校 55 289 180,000円以内
 天理中学校 52 185 278,500円以内
 天理高等学校第一部 178 512 875,230円以内
 天理高等学校第二部 108 400 894,975円以内
 天理教校学園高校 197 547 776,570円以内
 天理大学、大学院 96 495 1,500,000円以内
 天理医療大学 7 35 500,000円以内
 天理教語学院 35 35 846,000円以内
 全国各地高等学校 33 105 130,000円以内
 全国各地高等専門学校 0 4 130,000円以内
 全国各地大学・大学院 69 204 1,000,000円以内
  海外派遣留学生 4 11 派遣国の実情による
834 2,822

 

  1. 扶育生数は、新扶育生採用予定者を含めた本年度の見込みである。
  2. 全国各地学校とは「学校法人天理大学」「学校法人天理教校学園」所管外の学校をいう。

 

[2]扶育生の育成

扶育生育成のために主として下記事項をおこなう。

1、扶育生の「学生生徒修養会」への参加呼びかけ

高校、高専、大学、大学院に学ぶ学生生徒を対象として毎年開催される「学生生徒修養会」(天理教教会本部主催・夏季および春季休暇中に開催)は、信仰的雰囲気のなかでの団体生活によって得るものが大きく、扶育生育成の観点からも積極的に参加するよう、該当扶育生に案内をする。

2、いちれつ会報の刊行

機関誌「いちれつ会報」は、扶育生としての各自の意識を高めるため、また、扶育出身者へは後輩育成のための寄付金呼びかけ、さらに事務局からの連絡、或いはそのときどきの記録を掲載したもので、年1回の発行物。本年度は、第125号(12月発行予定)を刊行配布する。

3、創立記念行事

平成29年10月15日、本会創立89周年にあたり、おやさと各学校扶育生を集めて本部神殿でお礼のおつとめを勤める。また、場所を移して記念式を行い、理事長からの挨拶、扶育生代表の感話を行い、参加扶育生の自覚を喚起する。

4、扶育生に対する懇談指導

新扶育生に対しては扶育決定懇談会を開催し、在学扶育生に対しては機会を設けて個々に面接して懇談指導する。また、全国各地の学校に在学する扶育生に対しては文書等をもって、あるいは機会を設けて面接して懇談指導し、その適切な育成を期す。

5、扶育生に対する学芸等の奨励

本法人事務所所在地の各学校扶育生のうち、学芸及びスポーツに丹精して顕著な成果をあげた者に対して、その天分を伸長し技能を助成する上から、本会は扶育の一環として奨励金品を給付して激励する。

 

[3]海外在住の天理教教内子弟の育成

海外各国に在住する天理教教内子弟を育成するため、本会はアメリカ委員会、ハワイ委員会、ブラジル委員会及び伝道庁未設置地域の子弟を対象とした海外地域委員会を設けているが、それぞれ現地において直接本会の創立の趣旨に基づく天理教教内子弟の育成輔導にあたらしめ、当該国との友好親善の上にも有為の人材の育成をはかる。

 

Ⅱ、処務

[1]会議

(1)評議員会
A、定時評議員会(6月末)
・平成28年度貸借対照表及び正味財産増減計算書の承認
(2)理事会
A、通常理事会(5月及び翌年3月)
・事業計画及び正味財産増減予算の承認
・事業報告及び計算書類の承認
B、臨時理事会
(3)委員会
A、扶育生選考委員会
・大学および大学院扶育生選考(11月開催)
・高等学校および高等専門学校扶育生選考(1月開催)
※天理小学校、天理中学校扶育生選考も含む
(4)事務局会議
A、定例事務局会議(毎月1~2回開催)
・公募外扶育生の決定
・扶育異動承認
・事務局運営状況報告
・規程規則等の立案
B、臨時事務局会議
(5)その他
A、直属育成担当者会議
・年1回(5月25日開催)
B、要員育成担当者会議
C、各学校扶育委員掛との懇談
D、海外委員会委員長会議

[2] 広報

(1)扶育生募集
A、大学大学院扶育生募集
・要項発表…8月末~9月上旬
・願書提出期間…10月1日~10月31日
B、高校高専(小中)扶育生募集
・要項発表…8月末~9月上旬
・願書提出期間…11月1日~11月30日
※いずれも、天理時報紙上にて発表する他、各教区委員会およびかなめ会にても募集の広報をおこなう。
(2)返還説明会(大学・大学院生対象)
A、天理大学扶育生
・翌年1月及び2月に返還説明会を実施する。
B、全国各地大学扶育生
・「返還のしおり」発送をもって説明に代える。
(3)出版物(いちれつ会報以外)
A、「一れつ会の概況」
・年度末に発行予定…配布先は直属教会、集会員。
B、「扶育生のしおり」
・年度初めに新扶育生及びその保護者に配布。
C、「おたより」
・年1~2回、各地の扶育生等を対象に発行。
扶育生募集要項および扶育生への連絡通知事項は、本会ホームページにも掲載して周知徹底をはかる。

 

 

Ⅱ、予算

平成29年度歳入歳出予算